2022.06.09

ゴルゴ13「ポイ捨てをするな」 三鉄でラッピング列車の運行開始

ラッピング車両を背に笑顔を見せる石川義晃社長(左)と海野光行常務理事
ラッピング車両を背に笑顔を見せる石川義晃社長(左)と海野光行常務理事

 「ポイ捨てをするな」-。三陸鉄道リアス線で8日、人気漫画「ゴルゴ13」のラッピング列車の運行が始まった。主人公「デューク東郷」が深刻化する海洋ごみ削減に向けたメッセージを力強く発信する。

 海洋プラスチックごみ問題の周知啓発・対策を目的とする「CHANGE FOR THE BLUE in岩手実行委」と日本財団が三陸鉄道(石川義晃社長)の協力を得て始めた。

 同列車は三鉄の久慈-盛駅間を不定期で運行する。