松野博一官房長官は6日の記者会見で、北朝鮮による5日の弾道ミサイル発射に関し「ミサイル技術は急速なスピードで進化しており、迎撃能力を高める不断の努力が重要だ」と述べた。自民党が敵基地攻撃能力を改称して提言した「反撃能力」の保有を含め、防衛力の抜本的強化に取り組む考えを重ねて強調した。