盛岡市は市民の結婚50周年を祝う金婚慶祝会事業を本年度で廃止する。市によると、県内14市で自治体が慶祝会を主催しているのは盛岡のみで、出席夫婦の減少や意向調査の結果を受けて判断した。

 本年度は慶祝会を開かず、記念品の贈呈のみを実施。来年2月に実行委を解散し、事業を終了する。

 慶祝会は盛岡市と市老人クラブ連合会などが実行委を組織し、1993年度から続けてきた。新型コロナウイルス感染症の影響で2020、21年度は中止したが、これまで計27回開催し、出席した夫婦は通算4367組。記念品のみ受け取った夫婦も加えた合計は6966組と、結婚50周年の記念行事として定着していた。