ポラーノまつり2022は4、5の両日、紫波町小屋敷の紫波ビューガーデンで開かれている。全国各地の60工房が手作りの工芸品を持ち寄り、にぎわっている。

 森の広場としばふ広場に所狭しと店を出し、色鮮やかなアクセサリーや温かみのある木工家具、陶器など多彩な商品が並ぶ。初日は来場者が作家と会話しながらお気に入りの品を求めた。

 新型コロナウイルスの影響で開催は2019年以来3年ぶり。5日は午前10時から午後4時。