2022.06.30

学生考案、ヘルシー適塩弁当 マイヤグループ20店舗で販売

店頭で開発した弁当をPRする(左から)大山紗輝さん、川向杏里さん、片山玲衣さん
店頭で開発した弁当をPRする(左から)大山紗輝さん、川向杏里さん、片山玲衣さん

 県立大(鈴木厚人学長)盛岡短期大学部生活科学科の2年生3人は28日、塩分を抑えた弁当3種を開発し、マイヤグループ20店舗で発売した。初回販売は30日まで、その後も定期的に売り出し、ヘルシーでおいしい食を提案する。

 開発したのは食物栄養学専攻の大山紗輝(さき)さん、川向杏里さん、片山玲衣さん。同社と共同で▽HOTスパイシーチキン弁当(498円)▽お野菜ごろごろ酢豚弁当(398円)▽あじフライ玉子とじ丼(同)-を考案した。

 弁当は、県の「いわて減塩・適塩の日」に合わせ、来年5月まで毎月28日に店頭に並ぶ予定だ。

◇      ◇

 記事全文は、6月30日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞