2022.06.28

いざ「スパトライアスロン」 陸前高田で8月、県内では初開催

スパトライアスロンのコースの一部となる高田松原
スパトライアスロンのコースの一部となる高田松原

 老若男女が楽しめる健康増進のためのスポーツ「スパトライアスロン」の陸前高田大会(実行委主催)は8月27、28日、陸前高田市内で開かれる。ランニングやウオーキング、自転車に足湯を融合させたユニークなスポーツで、本県初開催。東日本大震災の遺構を巡りながら防災を学ぶ種目も行い、復興に歩む地域を盛り上げる。

 同市高田町の夢アリーナたかたが出発点。28日に▽ランニングやウオーキング、自転車で市中心部や高田松原を巡るタイム計測のスパトライアスロン(12キロ)▽震災遺構を歩いて回り防災クイズに挑戦する防災アスロン(5、6キロ)-など3種目を実施し、順位を競う。参加者はゴール後、夢アリーナで同市の黒崎仙峡温泉から運んだ足湯に漬かる。

 元五輪選手の荻原次晴さん、江畑幸子さんらがゲストランナーとして参加予定。27日は市内で前夜祭とプレイベントを開く。

 参加チケットはローソンチケットで販売中。問い合わせは井上さん(090・6774・6049)へ。

 

◇      ◇

 記事全文は、6月28日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞