25日午前11時ごろ、八幡平市安比高原の山林でタケノコ採りをしていた八戸市の女性(63)がクマに襲われた。左脚などにけがを負い、ドクターヘリで矢巾町の県高度救命救急センターに搬送された。

 岩手署によると、現場は休憩所の「安比高原ぶなの駅」から南東約1キロの山林。女性は夫と2人でタケノコ採りをしていた時に体長1メートルほどの子グマとみられるクマに襲われた。自力で下山後に119番通報した。

 同署はパトカーで現場周辺をパトロールし、警戒を呼びかけた。