【インスブルック共同】スポーツクライミングのワールドカップ(W杯)は24日、インスブルックでボルダリングの最終第6戦が行われ、女子決勝で伊藤ふたば(TEAM au、盛岡中央高)は、全4課題(コース)のうち1完登で4位に入り、年間総合でも4位となった。

 東京五輪銀メダルの野中生萌は二つを完登して3位に入り、年間総合2位。W杯で初めて決勝に進んだ19歳の菊地咲希(日新火災)は6位だった。

 既に総合優勝を決めていたナタリア・グロスマン(米国)が4完登し、今季5勝目を挙げた。