ヨルダンのリーナ・アンナーブ駐日大使は22日、遠野市を初めて訪れ、市内の観光施設や文化施設などを視察した。

 道の駅遠野風の丘(綾織町)や伝承園(土淵町)、遠野ふるさと村(附馬牛(つきもうし)町)、こども本の森遠野(中央通り)などを巡り、市役所庁舎を見学した。

 市役所で多田一彦市長ら市幹部と懇談。以前から同市内の施設に関心があったアンナーブ大使は「美しい自然があり、素晴らしい人々がいて、開放的で壁がなく付き合ってもらえた。ヨルダンと遠野の良い関係が築けそう。文化交流が可能ではないか」と見据えた。