【インスブルック共同】スポーツクライミングのワールドカップ(W杯)は22日、インスブルックでボルダリング最終第6戦の予選が行われ、男子は今季のランキングで首位に立つ緒方良行(B―PUMP)が5課題全てを完登し、23日の準決勝に進出した。ランキング2位につける楢崎智亜や3位の藤井快(ともにTEAM au)、川又玲瑛(日大)らも4完登し、予選を突破した。

 女子は5完登した伊藤ふたば(TEAM au、盛岡中央高)、野中生萌らが24日の準決勝に進んだ。