激戦地ウクライナ東部ドネツク州北東部での戦闘で6月中旬に負傷したウクライナ軍の兵士2人が22日までに、ドニプロ市の病院で共同通信のインタビューに応じ、最前線で「脱走兵が出ている」と証言した。ロシア側に比べて一般的に士気が高いとされるウクライナ側だが、消耗戦による疲弊や武器不足から無理な作戦を強いられている影響の表れといえる。英国防省は両軍で士気が低下していると分析した。