22日、インドネシア・ジャカルタの入管施設を出る谷口光弘容疑者(中央)(共同)

 国の新型コロナウイルス対策の持続化給付金詐取事件で、警視庁は22日、インドネシアで不法滞在の疑いで逮捕された谷口光弘容疑者(47)を日本に向けて移送した。航空機内で、詐欺容疑で逮捕する方針。22日午後、成田空港に到着する。

 警視庁によると、谷口容疑者らのグループは2020年5~9月に約1780件の給付金申請をし、9億6千万円以上を詐取したとみられる。同一グループの不正受給としては過去最大規模という。

 谷口容疑者はリーダー格とされ、20年10月にインドネシアに出国。警視庁に詐欺容疑で指名手配され、今月7日(日本時間8日)、現地の入管当局に逮捕された。