2022.06.21

焼石岳(奥州市)=6月20日

つぶ沼コースの花々

報告:環境省自然公園指導員 日本自然保護協会自然観察指導員 菅原 壮

ヒトリシズカ

 つぶ沼コースから入山してみました。登山者は数名だけでした。話によると姥石平のお花畑は終盤を迎えているようです。

 つぶ沼コースでは、中沼コースで見かけないような花が咲いています。ユキツバキ、ヒトリシズカ、アマドコロ、イチヤクソウ、ムラサキシキブなどが観察できます。初めて見つけたのですが、落葉小高木の「ハクウンボク」が登山道脇に生えていました。真っ白い花が登山道に無数に落ちていたので気が付きました。エゴノキの花に似ています。

 今日の目的は石沼に咲く「ルイヨウショウマ」の観察でした。しかしながら時季が遅すぎて花が散っていたので中止し、体調不良と相まって金山沢から下山しました。

アマドコロ
ハクウンボク
ヒメモチ
イワナシ、実になっていました
ショウジョウバカマ、緑色は珍品です
エンレイソウ実
オオサワハコベ
ギンリョウソウ
コケの胞子嚢(ほうしのう)が出ていました