2022.06.20

飲酒運転による事故が相次ぐ 花巻署管内、前年総数を上回る

花巻市内で飲酒検問に当たる署員
花巻市内で飲酒検問に当たる署員

 花巻署(及川聡署長)管内で、飲酒運転事故が相次いでいる。2022年は6件(17日現在)で、既に前年総数を1件上回る非常事態。重大な事故も起きており、同署は対策に力を入れている。

 16日は午後9時から、署員12人が花巻市内の県道などで検問を展開。2時間で100人を超える運転者の呼気を検査した。

 22年の飲酒運転摘発は7件で、うち6件は事故で発覚した。いずれも30~50代男性。時間帯は午後6時から午前3時台が5件、同7時台が1件。飲酒場所は自宅が3件で、飲食店、車内、捜査中が各1件。通行目的は仕事とドライブが各2件、買い物と捜査中が各1件だった。

◇      ◇

 記事全文は、6月20日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞