液化天然ガスで冷却された海水を使い、陸上で養殖された「トラウトサーモン」=2日午後、愛知県知多市

 東邦ガスは2日、愛知県知多市の施設で陸上養殖中の「トラウトサーモン」の初出荷に向けて、水揚げ作業の様子を報道関係者に公開した。都市ガスの原料である液化天然ガス(LNG)で冷却された海水を使い、実証実験を進めている。

 この日は計約500匹のサーモンを締め、血抜きした。今月中の全体の出荷量は4トン(約2千匹)程度を予定する。「知多クールサーモン」のブランド名で東海地方のスーパーを中心に店頭に並ぶという。

 東邦ガスは昨年11月から、日本水産と共同で実証実験を開始。マイナス162度のLNGに熱を伝えて気化する際に海水を利用している。