2022.06.17

女子棒高跳び、新田(黒沢尻北)が2連覇 東北高校選手権

女子棒高跳び決勝 3メートル60をマークして2年連続の優勝を飾った新田奈菜子(黒沢尻北)=青森市・カクヒログループアスレチックスタジアム
女子棒高跳び決勝 3メートル60をマークして2年連続の優勝を飾った新田奈菜子(黒沢尻北)=青森市・カクヒログループアスレチックスタジアム

 【青森市で運動部・細川克也】東北高校選手権は16日、各地で2競技が行われ、県勢は陸上の女子棒高跳びで新田奈菜子(黒沢尻北3年)が3メートル60で制し、2年連続の栄冠を手にした。男子走り高跳びは畑周(あまね)(葛巻3年)が1メートル97で3位に入った。女子三段跳びは菅原舞(黒沢尻北3年)が11メートル44をマークして3位。浅井小雪(盛岡南2年)が11メートル39で4位に食い込んだ。男子やり投げは木村伊吹(盛岡南3年)が57メートル49で4位。女子400メートル障害は田屋優夢(ゆめ)(盛岡市立3年)が1分3秒61、同砲丸投げは久保田美咲(盛岡一3年)が11メートル64でともに5位に入った。

 ラグビーの1部・黒沢尻北は1回戦で秋田中央に15-5で勝ち、準決勝に進出した。

◇      ◇

 詳報は、6月17日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞