16日午前11時5分ごろ、茨城県ひたちなか市の那珂川河口沖でプレジャーボートに乗っていた人から「6人乗っていたが転覆した。3人は船底につかまり、3人が流されている」と118番があった。茨城大などによると、転覆したのは大学が管理している調査活動に使うボートで教員や学生が乗っていた。約50分後に全員救助され、命に別条はない。海上保安部が転覆原因などを調べる。

 消防や大学などによると、6人は20代から40代とみられる。けが人がいるもようで確認している。全員、救命胴衣を着ていたという。

 海保によると、ボートは「茨大丸」で、長さ7・19メートル、1・3トン。