環境省は14日、生態系や特徴的な地形を保全するため、国定公園への新規指定候補として御嶽山(長野、岐阜)と宮古島沿岸海域(沖縄)を選んだ。公園の範囲拡張などの候補として、八幡平周辺(岩手、秋田)など4カ所も選定した。

 2010年に公表した候補リストを更新した。10年に挙げた候補のうち、日高山脈・夕張山地(北海道)など指定や拡張が実現していない8カ所は継続案件として再掲した。

 生物多様性を守るため、30年までに陸域と海域のそれぞれ30%以上を保護地域にする政府目標達成に向けた取り組みの一環。