京都国立博物館は、江戸時代の俳人与謝蕪村が、敬愛する松尾芭蕉の「奥の細道」の全文を書き写した図巻を新たに見つけたと発表した。同様の作品はこれまでに4作が知られており、5作目。