ウクライナ・ハリコフで単独会見に応じるハリコフ州のオレフ・シネグボフ知事=10日(共同)

 【ハリコフ共同】ウクライナ東部の激戦地ハリコフ州のオレフ・シネグボフ知事は10日、州都ハリコフ市で共同通信と単独会見した。州の3割を占領するロシア軍が「町を包囲して『人道回廊』設置を拒否し、住民にロシアへ行く以外の選択肢を与えない」と述べ、多数が強制連行されたと非難した。「各地で家族が分断されている。帰還を実現させる」と強調し、戦争犯罪の実態解明を進める決意を示した。

 シネグボフ氏は、強制連行された住民が「旅券や携帯電話を取り上げられ、ロシアから出国できない」と批判。ロシア軍占領地域では住民避難や支援物資配達もできないとし「非常に困難な状態だ」と訴えた。