2022.06.11

旧水分小に「酒の学校」 紫波、醸造の文化継承や発展を目指す

2020年度末で閉校した旧水分小。酒のまち紫波の推進拠点として「酒の学校(仮称)」の整備検討が進む
2020年度末で閉校した旧水分小。酒のまち紫波の推進拠点として「酒の学校(仮称)」の整備検討が進む

 紫波町は、2020年度末で閉校した同町吉水の旧水分小施設活用について、酒造関連の人材を育む「酒の学校(仮称)」の整備を検討している。南部杜氏発祥の地とされ、四つの酒蔵のほかワイナリーやりんご酒の醸造所もある同町。酒造りを志す若者らが全国から集う新たな拠点をつくり、町が誇る醸造文化の継承、発展を目指す。

 酒の学校のコンセプトは「新たな作り手のための学びと製造のオープンファクトリー」とし、酒類製造を目指す若者ら向けの学校と、設備の整った醸造所機能を持つ施設を想定する。

 問い合わせは同課(019・672・2111)へ。

◇      ◇

 記事全文は、6月11日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞

関連リンク