2022.06.11

きょうチャグチャグ馬コ 59頭、いざ「花道」へ

 
 

 本県の初夏の風物詩、チャグチャグ馬コの行進行事(パレード)は11日、3年ぶりに開かれる。滝沢市の鬼越蒼前(おにこしそうぜん)神社から盛岡市の盛岡八幡宮までの約14キロを装束馬59頭が練り歩き、鈴の音を響かせる。

 午前9時半に同神社をスタート。同10時5分に滝沢市役所前、午後0時25分に材木町商店街を通過し、同1時50分に盛岡八幡宮に到着する予定だ。

 新型コロナウイルスの感染対策として、声援ではなく拍手を求め、飲食の自粛を呼びかける。馬コの休憩は密を避けるため、観客と参加者の距離を取れる桜城小などに変更する。

岩手日報社は、盛岡市中心部の行進の様子を午後1時ごろからライブ配信します。

ライブ配信は
こちらから

関連リンク