2022.06.10

花巻東、打線振るわず敗退 春季東北地区高校野球

東北-花巻東 6回裏花巻東1死三塁、空振り三振に倒れ、悔しがる佐々木=福島県営あづま球場
東北-花巻東 6回裏花巻東1死三塁、空振り三振に倒れ、悔しがる佐々木=福島県営あづま球場

 【福島市で本社取材班】第69回春季東北地区高校野球大会第2日は9日、福島市の県営あづま球場など2会場で3試合が行われ、本県第1代表の花巻東は準々決勝で東北(宮城第2)に1-3で敗れた。県勢3校はいずれも初戦敗退となった。

 花巻東は三回2死二、三塁から暴投で1点を先制。先発左腕萬谷大輝、右腕工藤翔大(ともに3年)ら投手陣が踏ん張ったが、六回に1-2と逆転され、八回にも1点を失った。打線が2安打と振るわず、七回以降は無安打で反撃できなかった。

◇      ◇

 高校野球の試合結果は岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞

 

<第2日>(6月9日)
◇1回戦・準々決勝

【県営あづま球場】

▽第1試合
弘前学院聖愛(青森)
002 301 000 01-7
002 000 400 00-6
仙台育英(宮城)
(延長11回)

▽第2試合
東北(宮城)
000 002 010-3
001 000 000-1
花巻東(岩手)

【ヨーク開成山スタジアム】

▽第1試合
聖光学院(福島)-秋田商(秋田)
(グラウンドコンディション不良のため順延)

▽第2試合
青森山田(青森)
020 000 000 000 2-4
000 010 001 000 0-2
明桜(秋田)
(延長13回タイブレーク)

関連リンク