第69回春季東北地区高校野球県大会の地区予選は7日、5地区で13試合が行われた。新たに敗者復活戦を勝ち上がった8チームが県大会出場を決め、代表28チームが出そろった。

 沿岸地区は住田が13大会ぶり10度目の県大会出場。釜石商工も切符を手にした。県北地区は伊保内・軽米連合が初めての県大会出場。昨秋の県大会で準優勝した久慈東も県大会に駒を進めた。盛岡地区は盛岡商と盛岡四、花巻地区は花巻南、北奥地区は水沢がそれぞれ代表を勝ち取った。

 県大会は20日、野田村のライジングサンスタジアムなどで開幕。組み合わせは13日に決まる。