2022.05.07

朗希熱投6回1失点11K 救援崩れ白星逃す

ソフトバンク戦で6回1失点11奪三振と好投したロッテ・佐々木朗希=ZOZOマリン
ソフトバンク戦で6回1失点11奪三振と好投したロッテ・佐々木朗希=ZOZOマリン

ソフトバンク5-3ロッテ(6日)

 ロッテの佐々木朗希(大船渡高)の4勝目は消えたが、日本のエース千賀滉大との投げ合いを制した。3連勝中と波に乗るソフトバンク打線を6回被安打6、1失点に抑え、4者連続を含む11三振を奪った。

 両投手が160キロを超える異次元の投手戦。佐々木朗は四回2死二塁から右中間二塁打で先制点を許したが、完全試合を成し遂げた若き黄金バッテリーは五回から明らかに配球を変えて対応。これまであまり投じなかった120キロ台のカーブや、140キロ台のスライダーで追い込み、直球を決め球に3者連続三振で圧倒した。

 ロッテ打線はその裏、3-1と逆転。勝利目前の九回に守護神益田直也が痛恨の同点2ランを浴び、背番号17の白星が消えた。

◇      ◇

 詳報は、5月7日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞