第95回弁慶力餅競技大会は春の藤原まつり最終日の5日、平泉町のJR平泉駅前で開かれた。新型コロナウイルスの影響で3年ぶりに開催。各地の力自慢が集い、熱気とともに三宝を運んだ距離を競い合った。

 源義経に仕えた怪力の武蔵坊弁慶にちなみ、男性21人が鏡餅を載せた160キロの三宝を抱えて歩いた。あまりの重さに出発直後に手を放す参加者も続出。日差しを受けて汗だくで進む一歩一歩に、マスク姿の観衆が盛んに拍手を送った。