盛岡市の80代女性2人がキャッシュカードをだまし取られ、それぞれ現金約50万円と約60万円を引き出される特殊詐欺被害が相次ぎ発生した。盛岡西署は注意を呼びかけている。

 同署によると、20日に市役所職員を名乗る男から「後期高齢者への払い戻し金がある」と電話があり、通帳番号や暗証番号を教えた。その後、銀行職員を名乗る男が女性の家を訪れた。女性はキャッシュカードを封筒に入れ、別室にあった印鑑を持ってきて割印したが、封筒内のキャッシュカードはすり替えられており、現金約60万円が引き出されていた。

 23日には、同様の手口で警察官を名乗る男からの電話に受け答えをし、その後自宅を訪れた警察官を名乗る男にキャッシュカードをすり替えられて、現金約50万円が引き出される被害も確認された。