リンナイが開発した水素で燃焼する家庭用給湯器=30日午後、愛知県大口町

 リンナイ(名古屋市)は、世界初という100%水素で燃焼する家庭用給湯器を開発し、30日に愛知県大口町の研究開発施設で報道陣に公開した。燃焼時に二酸化炭素(CO2)を出さない水素の活用で、脱炭素社会の実現に貢献する。2030年ごろの商品化を目指す。

 燃焼速度が速い水素は使用量が少ないときにバーナー内部に炎が入り込み爆発を起こす危険があるため、これまで給湯器への使用は難しかった。

 開発した給湯器では、耐熱性の高いステンレスで作られたバーナーを採用。目の細かさを従来の100分の1にすることで、水素がバーナーに逆流しにくくした。