2022.05.03

うみねこ丸「運航は安全が第一」 宮古の新遊覧船、進水式

関係者が見守る中、海上クレーンで山田湾に下ろされる「宮古うみねこ丸」=2日、山田町大沢
関係者が見守る中、海上クレーンで山田湾に下ろされる「宮古うみねこ丸」=2日、山田町大沢

 宮古市の新遊覧船「宮古うみねこ丸」(19トン)の進水式は2日、山田町大沢の造船所で行われた。浄土ケ浜や出崎埠頭(ふとう)を周遊するルートなどを想定し、7月17日に運航を開始。三陸観光の新たなシンボルとして期待が高まる。

 澄んだ青空の下、クレーンでつり上げられた船が着水した。浄土ケ浜の海をイメージした「エターナルグリーン」の船体に乗り込んだ山本正徳市長は「運航は安全が第一」と強調した上で「笑顔と希望を乗せて宮古湾を走る姿が目に浮かぶ」と待ち望んだ。

関連リンク