2022.05.29

東北絆まつり、3年ぶりのパレード 本県から盛岡さんさ踊り

東北絆まつりで息の合った群舞を披露する盛岡さんさ踊り=28日、秋田市八橋運動公園
東北絆まつりで息の合った群舞を披露する盛岡さんさ踊り=28日、秋田市八橋運動公園

 【秋田市で報道部・刈谷洋文】東日本大震災からの復興を願い、東北6県の祭りが集う「東北絆まつり」(実行委主催)は28日、秋田市で開幕した。新型コロナウイルス感染症の影響で中止していたパレードが3年ぶりに復活し、本県からは盛岡さんさ踊りが息の合った群舞を披露した。

 秋田市八橋(やばせ)運動公園に盛岡さんさ踊りや秋田竿灯(かんとう)まつり、青森ねぶた祭、山形花笠まつり、仙台七夕まつり、福島わらじまつりが集結。雨の中、華やかなパレードを繰り広げた。

 絆まつりは東北六魂祭の後継イベントで、17年から6県持ち回りで開催している。最終日の29日もパレードを実施。実行委は2日間で12万人の人出を見込む。

◇      ◇

 詳報は、5月29日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞

関連リンク