2022.05.29

きょう花巻東対決 先発の菊池雄星「(大谷翔平を)意識せず」

ハイタッチで、逆転勝利を喜ぶブルージェイズの菊池雄星(中央)=(本紙特派員・菊池範正撮影)
ハイタッチで、逆転勝利を喜ぶブルージェイズの菊池雄星(中央)=(本紙特派員・菊池範正撮影)

 ブルージェイズの菊池雄星(花巻東高)は27日、28日(日本時間29日)のエンゼルス戦に向けて調整した。大谷翔平(同)との対戦については「(エンゼルスは)切れ目のない打線。(大谷を)あまり、意識することなく、試合をつくりたい」と3勝目への意欲を語った。

 この日はエンゼルスタジアムで、ブルペンにも入って投球練習し、ランニングなどで汗を流した。試合中はベンチから相手打線を観察し、イメージを膨らませた。

 相手打線について「機動力もあり一発もあり、出塁もできる。とにかく、先頭打者をしっかり打ち取り、大きいイニングをつくらないようにしたい」と対策を語った。

(本紙特派員・斎藤孟)

◇      ◇

 詳報は、5月29日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞