2022.05.28

岩手競馬、過去最多の1億8600万円返済へ ネット発売がけん引

水沢競馬場=2022年3月
水沢競馬場=2022年3月

 構成団体(県、奥州市、盛岡市)から受けた計330億円の融資について、県競馬組合(管理者・達増知事)は2021年度分として、過去最多の1億8600万円を返済する見通しだ。返済は2期連続。前提となる収支はインターネット発売がけん引し、4億7200万円(前年度比50・3%増)の黒字に上方修正した。

 26日に盛岡市内で開かれた県競馬組合議会(関根敏伸議長)定例会で示した。11月の決算認定などを経て正式に決まる。これまでの最多返済額は20年度の1億700万円。

◇      ◇

 記事全文は、5月27日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞