2022.05.26

一関高専、高い技術生かし成果 AI活用のコンテストで最優秀賞

認知症を予防する装置を手にする石井聖名さん(左)と菊地佑太さん(中央)、佐藤汰樹さん
認知症を予防する装置を手にする石井聖名さん(左)と菊地佑太さん(中央)、佐藤汰樹さん

 一関高専(荒木信夫校長)の学生チームが成果を上げている。医薬品の自動調整システムを開発したほか、人工知能(AI)を活用した事業創出を競う第3回全国高等専門学校ディープラーニングコンテスト(DCON)では最優秀賞を受賞。ともに社会課題解決に高い技術を生かし、起業も期待されている。

 【DCON】事業性を評価額で競う大会に41チームが参加。本選は4月末に東京都内で行われ、専攻科システム創造工学専攻1年の石井聖名(せな)さん(21)、菊地佑太さん(21)、佐藤汰樹(たいき)さん(20)による「Team MJ」が、認知症を早期発見する「D-walk」を提案した。

 症状の特徴のすり足歩行やふらつきに着目。インソール型の足圧センサーを靴に挿入し、腰にスマホを着けて歩くだけで、学習データを基に認知症の可能性を推測する。

◇      ◇

 詳報は、5月25日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞