2022.05.23

盛岡さんさ踊り8月の4日間開催へ 3車線に減、観客スペース拡大

真夏の夜空に太鼓の音が響き渡る盛岡さんさ踊り=2019年8月
真夏の夜空に太鼓の音が響き渡る盛岡さんさ踊り=2019年8月

 本県の真夏を彩る「盛岡さんさ踊り」は3年ぶりに開催される方向となり、日程は8月1~4日で固まった。観客の密集を避けるスペース確保など新型コロナウイルス対策を講じつつ本来に近い形を探り、地域活性化や観光回復につなげる。

 23日の実行委(会長・谷藤裕明市長)の総会で正式決定する見込み。開催日程はコロナ前と同じく8月1日から4日間とし、パレードのコースも中央通とする予定。

 一方、感染防止策として従来は4車線をフルに使っていたパレードコースは3車線に減らし、1車線分は観客用に充てる形で密集が起きないようにする。出演団体の人数にも上限を設ける方向。

◇      ◇

 記事全文は、5月23日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞

関連リンク