2022.05.23

丼弁当なら頑張れる ワーママ修業中

 長男が中学に入学した4月から、私は重大なミッションを担当することになった。息子の弁当作りだ。盛岡学校給食センター(仮称)が稼働するまでの1年間やり通さねばならない。いつも調味料は目分量、夕食は大皿料理どーん!のずぼらな自分に務まるだろうか。自信がない。

 #彩りよりも量重視

 #肉専用の冷凍庫がほしい

 (きみ、イラストも)

◇    ◇

 記事の続きは岩手日報本紙、電子新聞でご覧ください。

 

 定期購読申し込み・ご案内

 岩手日報本紙  電子新聞