達増知事は20日の定例会見で、県庁舎の建て替えに絡み「4期で辞めるにせよ、5期目をお願いするにせよ」と述べ、来年9月の任期満了に伴う知事選に出馬する可能性をほのめかした。

 4期目の立場として「やるべきことが手付かずで残っているのは良くない」と説明。仮に5選出馬することになった場合「やってないことがたくさんあるので5期目をお願いしますというのは、あまりに情けない」と語った。

 その上で、出馬への意欲を記者に問われると「(知事選は)まだ1年以上先。新型コロナウイルス禍、ウクライナ戦争に伴う物価高問題など、目の前の課題に集中する」と述べるにとどめた。