2022.05.20

健康意識高め循環器病を防げ 県、血圧計貸し出しなど計画

 県は本年度、働き盛り世代の循環器病予防の取り組みを強化する。若いうちから健康意識を高めるため、新たに事業所に血圧計を貸し出し、スーパーマーケットなどには健康的な総菜作りについて助言する計画。本県の脳血管、心疾患死亡率は長年、全国上位で推移しており改善に努める。

◇      ◇

 記事全文は、5月19日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞