軽米町の第三セクター町産業開発(社長・山本賢一町長)は、町特産のサルナシを100%使用した「さるなしワイン」を発売した。フルーティーで酸味もある芳醇(ほうじゅん)な味わいを楽しめる。

 2年連続の販売で、昨年9月ごろに収穫したサルナシを使った。アルコール分は6%で、昨年より酸味が際立つ味に仕上がった。飲みきりやすい360ミリリットル入りで1本1330円。2千本限定。

 同町晴山のミル・みるハウスやインターネット通販「かるまいさん」などで取り扱うほか、同町小軽米の雪谷川ダムフォリストパーク・軽米で15日まで開かれる「森と水とチューリップフェスティバル」でも特設テントを設けて販売している。