千葉県在住の書家幕田魁心(かいしん)さん(75)は、平泉町平泉の中尊寺本堂で書展「奥の細道」を開いている。俳人の松尾芭蕉が歩いた、東北や北陸などの情景が浮かぶ作品が並ぶ。

 2017年から4年かけて書き上げた25点を展示。芭蕉と同じく、東京都江東区の深川から岐阜県大垣市までを移動し、句と風景を照らし合わせて書を完成させた。

 22日まで。午前10時~午後4時半(最終日は同3時まで)。入場無料。