一関市の施設で飼育されていた大型の鳥エミューの鳥インフルエンザ感染を巡り、県は13日、ウイルスが高病原性の「H5N1亜型」だったと発表した。施設の防疫措置は同日午後までに完了した。

 施設では飼育されていたエミュー2羽から県の遺伝子検査で陽性反応が出ていた。ウイルスの解析は、農業・食品産業技術総合研究機構(茨城県つくば市)で実施した。

 県は施設の同じ場所で飼育されていたエミューとダチョウ計10羽の殺処分を終え、13日午後までに埋却を完了した。発生施設の消毒作業も終え、今後も定期的な消毒を実施する。