2022.05.13

アレルギー対応、安心の味 北上・洋菓子店、小麦粉などを不使用

食物アレルギーに対応した洋菓子づくりを追求する清水活代表
食物アレルギーに対応した洋菓子づくりを追求する清水活代表

 北上市内で食物アレルギー対応の菓子やパンを開発、販売する動きが広がっている。同市鍛冶町の「洋菓子工房 ケーキ屋shimizu(しみず)」(清水活(いきる)代表)は、商品の8割が小麦粉などを不使用。農業者も独自で米粉パンを発売するなど、食事に制約の多い患者に寄り添った商品づくりが進んでいる。

 甘い香りが漂う「しみず」の店内にケーキや焼き菓子が並ぶ。それに載っているのは、小麦粉不使用の目印となる銀色のシール。紹介文に添えられたアレルギー対応食材も見て、幅広い年代の患者やその家族が安心して商品を選ぶ。

 注文、問い合わせはしみず(0197・72・7225)へ。

◇      ◇

 記事全文は、5月13日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞