ウクライナで撮影され、再上映が全国で広がるイタリア映画「ひまわり」が、一関市磐井町の映画館、一関シネプラザ(松本健樹社長)で13~24日に上映される。市民有志による「映画ひまわりを広める会」が支援。世話人代表の佐藤謹一郎さん(88)は「ウクライナへ思いをはせてほしい」と半世紀前の名作に今の戦禍を重ねる。

 映画館は多くのファンの後押しを受け、4月に銀幕を復活。再開後、客から「『ひまわり』はやらないの」と尋ねられ、松本社長(76)が「俺がウクライナに役立てるとすれば、この映画をやることぐらい」と上映を決めた。

 上映時刻、料金などの問い合わせは一関シネプラザ(0191・23・2902)へ。