滝沢市柳原の一本木保育園(竹田美千代園長、園児48人)の園児は11日、本県で3年ぶりに開催する初夏の風物詩「チャグチャグ馬コ」をPRする路線バス「チャグバス」の飾り付けを行った。

 かすりはんてん姿の園児19人が参加。同市巣子の北部コミュニティセンター前でバスに乗り込み、自ら色を塗った馬コ行事のイラストを貼り付けた。行事で使う赤や黄色の装束も車内を彩り、華やかに飾られたバスで周辺を巡った。

 6月11日に開催するチャグチャグ馬コを盛り上げるため、滝沢市と県北バス(盛岡市)が企画。チャグバスは本番当日まで滝沢、盛岡、八幡平、岩手の4市町を運行する。