元プロボクサーの具志堅用高さん(66)は沖縄県石垣市出身。1976年にライトフライ級の世界王者となり、13度の防衛に成功した裏には、故郷への強い思いがあった。本土では沖縄差別が残る時代で、その戦いぶりは沖縄の人々を勇気づけ、故郷への誇りを抱かせた。