2022.05.10

釜石SW、自力2部残留 今季本拠地初勝利

釜石SW-日野 前半12分、釜石SWのWTB加賀亮太郎(右)が左隅に先制のトライを決める=釜石市・釜石鵜住居復興スタジアム
釜石SW-日野 前半12分、釜石SWのWTB加賀亮太郎(右)が左隅に先制のトライを決める=釜石市・釜石鵜住居復興スタジアム

 ラグビーのNTTリーグワン2部の4~6位順位決定戦最終第3節は8日、釜石市の釜石鵜住居復興スタジアムで1試合が行われ、釜石シーウェイブス(SW)RFCが日野を22-19で下した。1勝1敗の勝ち点5で5位に食い込み、自力で2部残留を決めた。

 釜石SWは前半12分、WTB加賀亮太郎が先制のトライ。37分にSH村上陽平のトライ(ゴール)で加点した。12-5で折り返した後半は4分に村上が自身2本目のトライ(ゴール)でリードを広げた。その後は2トライ2ゴールを許したものの、3点差で逃げ切った。

◇      ◇

 詳報は、5月10日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞