岩手町ふるさと振興公社(社長・佐々木光司町長)はキャベツ焼酎「キャベ酎(ちゅう)」を16年ぶりにリニューアルし、発売した。道の駅石神の丘の開業20周年に合わせ、地元産の素材にこだわった。

 町産のあきたこまちやキャベツ「いわて春みどり」、米こうじを使用。米のうまみとキャベツのさわやかな香りが特長だ。アルコール度数は25%。

 500ミリリットル入り1694円。2700本生産し、道の駅で限定販売する。

 問い合わせは同公社(0195・61・1600)へ。