2022.04.09

ウクライナ避難民、洋野町受け入れへ 県内初、家族4人

 洋野町は、ロシアの侵攻が続くウクライナからの避難家族4人を受け入れる。家族が親族のいる同町への避難を希望した。9日に来日する予定。県によると、避難民の受け入れは県内で初めて。

 避難するのは、同町出身で第二次世界大戦後に樺太(ロシア極東サハリン)で行方不明となり、2006年にウクライナで生存が確認された故上野石之助さんの家族。元日本兵の上野さんは当時、現地で家族と暮らしており、上野さんの長女と長男の妻子3人が訪れる。

◇      ◇

 記事全文は、4月9日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞