岩手広告協会(会長・東根千万億(ちまお)岩手日報社社長・主筆)主催の第53回岩手広告賞・岩手広告美術展は8日、盛岡市盛岡駅西通のアイーナで始まり、入賞作品65点を展示している。

 最高賞の知事賞に輝いたグラフィックの部岩手広告賞の「鐵瓶蒐集控(てつびんしゅうしゅうひかえ)」(広告主・堀間重仁(じゅうじ)さん、制作・杜陵印刷ほか)、高校生ポスターの部岩手広告美術賞の「人類の進化?」(不来方高・藤舘奈央さん)などの作品が並ぶ。

 10日まで。午前9時半~午後5時(最終日は同4時まで)。6月10~12日は一関市の岩手日報一関ビルで展示する。入場無料。