2022.04.09

独自チラシで飲食店を応援 遠野の新聞販売店、掲載店募る

飲食店を応援するチラシを手にする荒田新聞販売センターの荒田進之介社長
飲食店を応援するチラシを手にする荒田新聞販売センターの荒田進之介社長

 遠野市新穀町の荒田新聞販売センター(荒田進之介社長)は、新型コロナウイルス禍で集客や売り上げ減に苦しむ地元飲食店を応援する独自のチラシを作成している。提供するメニューの写真や価格などを載せ、各店の利用を促す。第3弾まで発行し、次号への掲載を希望する店舗を募っている。

 荒田新聞飲食店応援チラシはA3判。縦9センチ、横14センチの枠を六つ配置し、飲食物の写真や価格を載せる。荒田さん(39)がデザインを手がけ、持ち込まれた手書きのイメージも具体化。全体的に温かみのある色合いで仕上げ、遠野の「元気」を発信する。

 チラシの申し込み、問い合わせは同センター(0198・62・2524)へ。

◇      ◇

 記事全文は、4月8日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞