ラグビーのNTTリーグワン2部第9節最終日は2日、釜石市の釜石鵜住居(うのすまい)復興スタジアムなどで2試合が行われ、釜石シーウェイブス(SW)RFCは三重に17-18(前半17-10)で競り負けた。7点差以内の負けで勝ち点1を得たが、1勝8敗の勝ち点7で5位のまま。

 釜石SWは前半36分、フランカー河野良太のトライ(ゴール)で10-10の同点に追い付くと、同40分にCTBヘルダス・ファンデルボルトのトライ(ゴール)で17-10と勝ち越した。後半は1トライ、1PGを献上して逆転を許し、試合終了間際に狙った逆転のPGは外れて地元での初勝利はならなかった。

 釜石SWは10日、同スタジアムで花園(旧近鉄)と対戦する。